トピックス

議員連盟・議員懇話会議事録

投稿日:

11:30〜
江藤新会長 レク(国土交通省・内閣府)
再生協会から
・古材の流通を促進したい
・登録有形文化財を残し活かしていきたい
江藤会長から
いずれも難しい課題だが省庁が連携して壁を突破していく必要があるとの見解

12:00〜12:40
(議員約50名(代理含む)
(国土交通省・内閣府・林野庁・環境省・経済産業省)
古民家再生協会提案
(別紙資料)
回答(古材)
・古材に関して省庁からはできるだけ積極的には触れたくない回答
・現在の仕組みでは「有価物としての古材流通は可能」との回答
(現実は9割以上は違法状態での流通)
・古材の法律をつくることも検討しなくてはならない
・海外輸出をすることは日本の文化の観点からよくない
・日本の木材の価値を伝えるには古材はいい商材である
回答(登録有形)
・税調での「登録有形文化財の減税は見送られた」
・補助金でカバーすべきである
・12000件の建物に国が指定してほったらかしはよくない
・指定した責任はあるのではないか
議論を深めていく必要がある
→古民家再生協会で省庁・議員間の議論をサポートをして進めていく

16:00〜16:40
(議員約30名(代理含む)
古民家再生協会提案
回答(古材)
・古材を活かしていくことは環境の視点からも大事である
・国土交通省と議論できる場をもうけるようにする
回答(休眠預金)
・この取り組みを広げられるように地方議員へも広げていきたい

感想
いずれの議題もスタートラインについた
これから各省庁・議員と議論を深めて成果を求めていく

-トピックス

Copyright© 古民家ツーリズム推進協議会 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.